早期発見をする|癌は遺伝子治療によって完治が見込める!迫りくる病魔を撃退

がんのこと知る

がんに良いイメージを持つ人はいないと思います。しかし、がんは初期段階で見つけることができれば高い確率で回復が見込まれるでしょう。その為、身体に異変を感じれば病院に行って検査をしてもらう必要があります。

発症しやすいがん5選

no.1

肺がん

肺がんは、がんの中でも特に発症しやすい種類となります。初期症状としては咳をしたり痰が絡んだりすると肺がんを疑うようにしましょう。

no.2

食道がん

食道がんは、基本的に30代以降の男性に多く見られます。食道がんは口内から胃までのいずれかの場所に発生し、初期症状もがんができる場所によって異なるといった特徴があります。

no.3

胃がん

胃がんも肺がんと同様で発症が特に多いとされているがんです。初期症状は、胃痛などがほとんどなので初期症状が分かりにくいので異変があればすぐに病院に行きましょう。

no.4

乳がん

乳がんは女性に多く発症するがんとなります。乳がんの初期症状には、しこりが出てくるので定期的に触診をすることで発見が遅れるということはなくなります。

no.5

大腸がん

大腸がんは、食生活の乱れによって発症する可能性が高くなります。また、現代はカロリーや塩分が多い食事が増えているので大腸がんの発症者も増加傾向にあります。

早期発見をする

ナース

早期の発見をする

最近はがんを発症する確率が高まっています。しかし、がんは初期で発見すると完治しやすい病気でもあるので定期的な検査をするようにして下さい。迫りくる病魔を撃退しましょう。

がんは予防ができる

がんに効果的と言われているのが遺伝子治療です。この遺伝子治療は、癌の予防が期待できます。ですから、がんを発症する前から治療をしている人が増えています。予防をすることで、がんを発症する可能性はなくなるでしょう。

広告募集中